「2か月後にはプロの翻訳者デビュー」の根拠

「2か月後にはプロの翻訳者デビュー」の根拠

まさに翻訳業界のトップに君臨すると言っても過言ではない浅野正憲氏。

その浅野正憲氏が在宅翻訳アカデミーを受講する人に向けて、2か月後にはプロの翻訳者としてデビュー出来るという事を主張しています。

しかし、2か月でプロ翻訳者としてデビュー出来るというのはなかなかハードルの高い事のように思いますよね。

そんな浅野正憲氏の発言の根拠についてここでは解説していきたいかと思います。

直接指導を受ける事が出来る

在宅翻訳アカデミーの大きな特徴としては、まさに一流の翻訳家として活動をする浅野正憲氏の指導を直接サポートしてもらう事が出来ます。

これに関しては、浅野氏は「信頼出来る仲間や事務処理をしてくれる運営事務局のスタッフさんはいるが、僕と全く同じ指導が出来ない方にサポートを頼む事も出来ない。つまり、僕自身が直接あなたをサポートしなければならない」といういように言っています。

つまり、無責任に他の翻訳家に指導をさせるという事はせずに、必ず翻訳家として仕事を出来るように、浅野氏が責任をもって指導するという事を公言しているのです。

自身が苦悩した2年

浅野氏は実際に自分が翻訳家としてい稼げるようになるまでに、翻訳スクールや通信講座などで翻訳家として活動していく為の指導を受けていました。

しかし、それでも2年もの間翻訳家として稼げるようにはならず、その指導方法などにも疑問をもっていたという方です。

その後、自分の研究によって「どうすれば翻訳家として稼げるようになるのか」という事に特化した指導方法を確立しています。

そんな浅野氏の、過去の経験や研究の成果の詰まった指導を直接受けられるのですから、2か月でプロの翻訳家としてデビューする事が出来るという事も十分にうなずけます。

直接指導の受け方

浅野氏の直接の指導はグループチャットを通じて行われます。

また、様々なイベントやセミナーにおいても浅野氏は直接指導をしてくれます。

多くのオンラインレッスンではカリキュラムに沿った内容のみを様々な講師の方がそれぞれのやり方で進めていく事が多いというのが現状です。

しかし、在宅翻訳アカデミーの場合には、その代表者である浅野氏が責任をもって、受講者が必ず翻訳家としてデビューする事が出来るように指導してくれるわけです。

さらにはより専属的なサービスを受ける事が出来るマンツーマンサポートコースであればより強力な指導を受ける事も可能になると思います。

これらの理由があるからこそ、浅野氏は2か月でのプロの翻訳家デビューを約束すると公言しているのです。

TOPページを見る