浅野正憲って誰?在宅翻訳アカデミーの評判は?口コミで見る怪しい噂の真相

いつの日だったか、電車の中吊り広告で気になるものを見つけました。

そこにはこのような事が書かれていたのです。

「1日たった1時間の在宅ワークで月10万円以上の副業から始めて年収1000万円も目指せる“在宅翻訳起業”最短40日で業界TOP1%のプロ翻訳者になる驚異の秘密を特別公開!」

というような内容でした。

そこに載っていったのは年収1000万円翻訳者として活躍するという「浅野正憲」という人物。

どうやら、この浅野正憲という人物が、翻訳家として年収1000万円を稼ぐノウハウを伝授するといったような内容の広告でした。

なんどかテレビでも見かけた事があるという方もいるかもしれませんね。

プロの翻訳家を最短40日で排出するという、なんだかにわかには信じる事の出来ないような内容となっています。

その時は一般の会社勤めをしていた僕は、どうにも“年収1,000万円”という言葉がどうしても気になってしまい、すぐに浅野正憲という人物について調べてみました。

すると、その実態が『在宅翻訳アカデミー』というオンラインのレッスンを通じてプロの翻訳家を養成するというものだという事がわかりました。

さらには、TOEIC500点台でも翻訳家としてデビュー出来るというのです。

学生時代にTOEICの試験を受けた時の私の点数は600点台でした。

つまり、私の英語力があれば翻訳家にはなれるという事?

どうにもこの在宅翻訳アカデミーの事が気になってしまった私は、ついついこのなんとも怪しい雰囲気の漂う浅野正憲の在宅翻訳アカデミーへの申し込みをしてしまいました。

そこで、私が今どのような仕事をしてどのように稼いでいるのか、という事をお伝えさせて頂き、皆さまに在宅翻訳アカデミーの“真実”をお伝えしたいと思います。

何かの広告を見たなどして、その存在が気になっていたという人も、これまでその存在を知らなかったが、翻訳や英語の仕事に興味があるという人。

そういった方には非常に為になるような内容であると思います。

どうか最後までお付き合い頂ければと思います。

年収1000万円翻訳家「浅野 正憲」とは

年収1000万円翻訳家「浅野 正憲」とは

これからご紹介させて頂く「在宅翻訳アカデミー」というものは講師に「浅野正憲」という人物を迎えて行われるオンラインでの翻訳家養成講座です。

実績として、浅野正憲という方はMicrosoftや、Apple、SONY、IBM、ポルシェなどと言ったような、世界でもトップクラスの超一流の大企業とも仕事をしているような、超一流のトップ翻訳者ともいえるような方です。

そんな浅野正憲という人物が特別講義を繰り広げてくれるのが在宅翻訳アカデミーというもの。

浅野正憲という方は就職活動時に翻訳の仕事で出会って、翻訳スクールや通信講座などで翻訳家として活動していく為の英語力などを学んでいったようですが、約2年間は稼ぐ事の出来ない時期を経験していたとの事。

しかし、その後に、日々翻訳に関する研究を積み重ねていき、その結果“最短で稼げる翻訳家になれる独自の手法”を確立し、3年目には翻訳家としてプロデビューを果たすようになったようです。

さらにはその丁寧かつ迅速な仕事ぶりが評価され、先ほどお伝えしたようなマイクロソフトやアップルなどの誰もがしる超大手企業との仕事も手掛けるようになったとの事です。

それからは、現在に至るまで、年収1000万円をキープし続けながら、好きな時に好きな場所で仕事をするという自由なライフスタイルを確立し、それまでの2年間のもの間に、様々な翻訳講座に参加しながらも一向に翻訳家として稼ぐ事が出来なかったという経験を元に、

「自分たちの利益しか追求しない翻訳業界の闇を改善し、稼げる翻訳家を多数輩出し、翻訳業界を健全化したい」という思いから、稼げる翻訳家を育成する為に在宅翻訳起業コミュニティを開催するようになったという事なのです。

現在も自身の翻訳家としての活動をしながら、新たな翻訳家の育成のための活動に全力を注いでいるという生粋の翻訳家とも言えるべき方です。

イベント行う浅野正憲氏

画像①
画像②

在宅翻訳アカデミーについて

在宅翻訳アカデミーについて

新たなる翻訳家の育成のために、浅野正憲という方のカリキュラムを元にした在宅翻訳アカデミー。

こちらは、講義満足度97.8%、プロの翻訳家排出率No.1、翻訳コミュニティ日本No.1という実績を持ち、高い「英語力」「学歴」「パソコンスキル」なども一切不要で翻訳家デビューする事が出来て、年収1000万円の翻訳家になる事も夢では無いというようなもの。

これまで学んだ英語力を活かし、1日たったの1時間の講義をオンラインで受講するだけで月の10万円の翻訳家としての副業から始めて、その後は年収1000万円を目指す事も出来るというのがこの在宅翻訳アカデミーの大きな特徴となっています。

しかし、TOEIC500点台の英語力しかなくても大丈夫、であったり、1日60分の時間だけでプロになれるというような事や、パソコンスキルも一切不要というのはちょっと信じられませんよね?

では、まず、翻訳家という職業がどういうものなのかという事について見ていきたいと思います。

翻訳家という職業のメリット

まず、そもそも翻訳家という仕事は、外国語で書かれている企業の契約書であったり、商品の取り扱い説明書であったり、或いは海外小説などを日本語に直して、日本字でも理解できるようにするというお仕事です。

もちろん翻訳する言語は英語に限らず、中国語、韓国語、スペイン語など様々ですが、やはり、その中でも浅野正憲という方が実践する英語から日本語への翻訳というものが日本では圧倒的な需要があり、他の言語よりも案件数が溢れかえっているというのが今の日本の翻訳の現状です。

そんな翻訳家の特徴として、どんな特徴があるのかという事は以下の通りになります。

仕事量を調整出来る

まず、翻訳家の仕事の特徴として、自分の好きな金額を稼ぐ事が出来るという特徴があります。

自分の好きな金額を稼ぐ事が出来ると言われてもイマイチぴんと来ないかと思いますが、これがどういう事なのかというと、翻訳会社と契約をして、プロの翻訳家としての活動を始めた場合には、例えこちらが仕事を断ったとしても、仕事の依頼というのは絶えず来ることになります。

そこで、翻訳会社からの案件を受けて、実際に仕事をするかどうかというのは翻訳家自身が決める事が出来るので、自分で仕事量をコントロールする事が出来、好きな金額を稼ぐ事が出来るようになるという事なのです。

例えば、一例として、まずは副業として翻訳家に取り組みを始めてたいという場合であれば、1日1時間程度にスキマ時間に働いてあとは、本業のお仕事や、趣味、家族との時間などに充てる事が出来るようになります。

また、年収1000万円を目指したいという場合であれば、週休2日で1日4~5時間程仕事をすれば実現する事が出来るくらいです。

つまり、元々何か仕事をしている人が副業として取り組む事も出来ますし、或いは主婦の方などが、家事や育児の合間に空いた時間を利用して稼ぐ事も出来るものであり、自分の生活スタイルの中に上手く翻訳家としての仕事を取り込みながら自分の稼ぎたい金額を稼ぎだす事が出来るようになるという事なんです。

週休5日の自由な時間を確保する事も出来る!

上記の説明でもわかるように、翻訳家という仕事には“勤務日数”であったり、“就業時間”といった考え方はありません。

なので、タイムカードを切って仕事をするという必要は一切なく、自分のスケジュールに合わせて、好きな時に好きなだけ働く事が出来るというような、まさに理想的なワークスタイルを持つのが翻訳家の特徴となります。

つまり、この事を利用すれば、週に2日だけ仕事をする日を確保しておき、あとは自分の趣味などに時間を費やす事も出来ますし、家族がいれば家族との時間に充てる事も出来ます。

ただ一度翻訳家としての契約をとる事が出来れば、このように自由に働く事が出来るというのは翻訳家になる大きなメリットともいえるような事だと思います。

必要なものはパソコンだけ

翻訳家という仕事はパソコンが一台あればどこでも好きな時に好きなだけ仕事をする事が出来ます。

なので、ノートパソコンを所有する人であれば、自宅に限らず、カフェで出先、果てには電車などでの移動中にだって仕事をする事が出来てしまうという事です。

こうした事もまた、翻訳家のメリットとして、時間や場所に縛られる事もなく、自分のライフスタイルに合わせて自由に仕事をする事が出来るという特徴として挙げる事の出来る要因になっています。

実際に翻訳家として活動する方の中には、物価の安い国でプール付きのマンションに住み、セレブのような生活を送りながら仕事をしているという人や、バックパッカーとして世界中を旅しながら、泊まれる宿で仕事をしているという人もいたりと、自分のやりたい事をやりたいように自由に生きながらにして翻訳家としてもお金を稼ぐ事になる事が出来るという事なのです。

高い英語力は必要ない

翻訳家になると聞いて、一番疑問に思ってしまうのはこの点かもしれませんね。

英語を仕事にするのに高い英語力は必要ないってどういう事なんだろうと思っている方も沢山いると思いますが、それは翻訳家の仕事のやり方に大きな特徴があるからなのです。

例えば、英語講師であったり、通訳者というのは、TOEICで満点近い英語力が必須となります。

しかし、翻訳家であればTOEICの点数500点程であっても仕事にする事が出来るようになります。

翻訳家ととして活動する為に必要なスキルというのは、ある程度の英文を読み取る力と、それ以外に必要なものは、翻訳の為に使用する辞書や、翻訳ツール、それらの使い方があれば誰にでも翻訳家として活動していく事が出来るようになります。

一般的なイメージとしては英語講師や通訳者と同様に、翻訳家という仕事も「難しそう」というイメージがあると思いますが、実際の翻訳家の難易度は実はそこまで高いものでは無いというのも大きな特徴となっているようです。

需要が非常に多いから稼ぎは無限

日本では益々グローバル化が進み、いまや日本では外国の商品の取り扱いが年々増加している傾向にあります。

そこで、英語で書かれた取り扱い説明書などを日本人が扱いやすいように翻訳する事の出来る翻訳家の需要というのは年々高まり、今後もますます増加していくであろうという統計があります。

そんな需要にが溢れる翻訳という仕事なのですが、なんと、今現在翻訳家として活動する人口は思っているよりも少ないというのが現状です。

その為に、圧倒的に、翻訳家の需要に対しての供給が追い付いていないという状況となっています。

つまり、もし今プロの翻訳家になる事が出来れば翻訳家としての仕事の依頼は殺到する事とみられています。

そしてこの翻訳業界の市場規模はいまや、翻訳業界の市場規模は2795億円にもおよんでいるということなのです。

しかも、こういったスキルは一度身につけてしま言えば、まさにそれを利用して“半永久的に稼ぎ続ける事が出来るようになります”

こうした理由によって、老後に不安を抱えているご年配の方や、定年退職されるというお方であっても、プロの翻訳家として非常に安定した収入を得る事が出来るようになるのです。

英語講師や通訳者との比較

翻訳家と言うのが、好きな時に働く事が出来て、さらにはそこまで高い英語力を必要としないものであり、さらには非常に高い需要がある為に、稼ぎだすまでに苦労する事がないという事もわかって頂けたでしょうか?

では、翻訳家ではなく、英語講師や通訳者という職業の場合にはどういうメリットがあり、どういうデメリットがあるのか、という事も見ていきたいと思います。

翻訳家としての仕事とはどのような違いがあるのか、という事を確認して頂ければと思います。

英語講師(英語コーチ)

英語講師の場合にはクライアントの都合に合わせて、夜が遅かったり、朝が早かったりといったような時間の制約が必ずつきまといます。

相手のいるお仕事ですので、自分の好きな時に仕事をするという事は出来そうにはありません。

また、その時々に生徒からの質問にも答える事の出来る対応力が必要であり、その為には高い英語力が必要とされます。

TOEIC700~800の点数が必要になると言われています。600点台の僕には無理なお仕事だと言えますね。

しかし、ある程度の英語力がある人にとっては参入敷居は低い為に、同業が多く、競争の激しい世界にもなっています。

ある程度の英語力があれば英語講師になる事自体はそこまで難しい事というわけではないので、難易度としてはそこまで高いものでは無いかもしれません。

しかし、仕事をする為には自分自身でクライアントを獲得していく必要というのがある為に、英語力の他に、営業スキルといったものも必要になってきてしまいます。

通訳者

通訳者の場合には相手の話した言葉をその場で即座に通訳する必要があります。

それはつまり、通訳の対象になる相手のスケジュールに合わせて勤務時間が変動し、さらにはクライアントに付きっきりになる必要があるという事です。

その為、自分の時間を確保するという事はなかなか難しいという状況にあります。

また、即座に英語から日本語の変換をして、日本人にわかりやすい言葉に変えていかなければいけないという特徴がある為に、ネイティブ並みの英会話力と同時に、幅広い分野に対しての知識量が必要となってきます。

参入敷居は非常に高いものであるという事が言えるでしょう。

また、英語を話せる人というのが最近では多くなってきているという事情もあり、敷居の高さに比べて、需要はそこまで高いものとは言い難く、仕事の奪い合いになっているというのも通訳者の現状です。

英語力としてはTOEIC満点以上の実力が必要とされるとも言われています。

ネイティブ並みの英語力や、通訳する分野の知識が必要な為、難易度としては非常に高いものとなっています。

比較結果

ここまでを読んで頂ければわかって頂けたかと思いますが、翻訳家という仕事は、その他の英語講師、通訳者などに比べて、好きな時間に自分のやりたい仕事量で働く事が出来、英語力としてもTOEIC500点以上があればOK、また、重要が非常に多く、難易度もそこまで高いものではないという非常に有利な特徴をもった仕事であると言えます。

在宅翻訳アカデミーを受講するという事

翻訳には、同じように英語を仕事とする職業と比較しても、非常に働き手に取って嬉しい条件が溢れているという事がわかって頂けたかと思います。

在宅翻訳アカデミーを受講する事によって、1日わずか60分ほど動画によるオンラインでの講座を受け、まさに英語を仕事にする場合に理想的ともいえるような翻訳家になるノウハウを学ぶ事が出来ます。

では、実際の受講内容に関して、どのような内容となっているのかという事を見ていきたいと思います。

学習環境

オンラインでの動画カリキュラムは1日60分、空いた時間、好きな時間にパソコン(またはスマートフォン)で見る事が出来ます。

オンライン動画カリキュラムを見る60分の時間というのは連続している必要はなく、例えば前半30分を見て、家事やお仕事などをして、その後にまた残りの後半30分の動画を見るという事も出来ます。

在宅翻訳アカデミーの受講に関してはこの1時間以外に一切時間を使う必要がありません。

1日1本の動画を視聴する為に必要なのは1日1時間だけ。

カリキュラム内容

まずは、メンバー限定サイトにて、実際の翻訳文から訳文を作成するプロセスに関しての解説動画の視聴。

これは実際にプロの翻訳者が実際の翻訳文を訳していきながら解説をしていき、訳文を作る為のプロセスや思考力などを学ぶ手順となります。

それを元に翻訳のやり方を学んでいき、用意された練習用英文で実際の訳文を作り、メンバー限定サイトにてどうがを視聴しながらこたえあわせをして翻訳力を鍛えていきます。

実際に学ぶ事の出来る内容としては以下の通りとなります。

■翻訳をする為に必要となる、辞書の効率的な使い方。

■プロの翻訳者としてデビューする為にの、翻訳会社のトライアル類似問題のレビュー

■海外企業ホームページ翻訳レビュー

■翻訳会社に提出する履歴書(CV)の書き方

■優良翻訳会社の選定方法

■一流翻訳者になるためのステップアップ

というように、まさに“翻訳家として活動していく為に必要な情報”を学ぶ事が出来るカリキュラムとなっています。

その他にも様々なコミュニティサービスを利用出来る

在宅翻訳アカデミーのオンライン動画カリキュラムの他にも、実際に浅野正憲氏によるチャットサポートを受ける事が出来たり、月に1度のセミナー&作業会、翻訳イベントへの参加、トライアル合格奪取ブートキャンプ、トライアル合格後のトライアル合格者限定チャットへの招待。仕事獲得コミットチャットへの無料参加権利などというようなサービスを利用する事が出来るようになります。

実際にプロの翻訳作業を目の当たりにする事も出来ますし、浅野正憲氏から直接の指導を受ける事も出来ます。

また、トライアル合格後のフォローとしても、合格者同士のチャットへの参加など、翻訳家として活動していく為に必要な意見の交換なども定期的に行っていく事が出来るようになるという特徴があります。

セミナーも非常に沢山の方々が参加しています。

画像③

その他にも様々なイベントが用意されていますので、在宅翻訳アカデミーのバックアップ体制はまさに万全であると言えるでしょう。

パソコンが苦手な人へ

在宅翻訳アカデミーではパソコンの知識があまりないという人でも安心して利用する事が出来るようになります。

というのも、在宅翻訳アカデミーの受講者であれば、パソコンが苦手という人に対しても、専属のパソコン関係の講師からのサポートを受け取る事が出来るサービスというものがあり、パソコンの使い方や選び方までも教えてもらう事が出来るようになります。

特別に難しいパソコンの操作というのは必要ではありませんが、パソコンが苦手な人でも安心して利用出来るようにと、こういったサービスも充実しているというのは安心出来るポイントですね。

在宅翻訳アカデミーの運営会社「 株式会社 Next Translation」

在宅翻訳アカデミーの運営会社

在宅翻訳アカデミーの運営会社は「株式会社 Next Translation」となっています。

あまり耳にした事のない名前かもしれませんが、既に浅野正憲氏の多数のメディア出演などの実績もあり、大手企業からも信頼を得ている信頼の出来る会社となっています。

メディアへの掲載歴

在宅翻訳アカデミーの浅野正憲氏は既にテレビや雑誌などの多数のメディアへの出演の実績があります。

私も最初に見た時には「なんだかどこかで見た事がある顔だなと思っていました。」

また、テレビや雑誌などのメディアの掲載歴の他にも、ご自身でYoutubeを定期的に更新していたり、Instagramなども利用して翻訳者として活動をしていく為のノウハウやイベント情報などを宣伝されています。

気になる方はそういったSNSやYoutubeなどもチェックしてみるといいでしょう。

申し込み料金

在宅翻訳アカデミーには2つのコースが用意されています。

そのコースというのが、「在宅翻訳起業コミュニティ」「在宅翻訳起業コミュニティ マンツーマンサポートコース」です。

それぞれにコースによって受講内容に違いがあり、値段も変わってきます。

マンツーマンサポートコースの方が、自分のレベルに合わせたレッスンを受ける事が出来るようになるので、最短で翻訳者としての活動をしていく為にはお勧めとなっていますが、どちらのコースであってもしっかりとレッスンを受講すれば翻訳者としてのプロデビューは約束されています。

実際に活動をしていけばそれでお金を稼ぐ事が出来るようになりますので、どちらの場合にも申し込み料金が高いと言えるようなものではありません。

それぞれの料金設定は以下の通りです。

『在宅翻訳起業コミュニティ』

298,000円(税抜き)

『在宅翻訳起業コミュニティ マンツーマンサポートコース』

498,000円(税抜き)

もちろん決して安い料金とはいえませんが、一度翻訳家になる為のノウハウを身につければそれは“一生”使う事の出来るものです。

また、翻訳家としてデビューした後も効率よく仕事をGET出来るように沢山のコミュニティやイベントへの参加をする事も出来るようになりますので、まさに年収1000万円を実現出来るようになります。

なお支払いに関しては【銀行振込】【クレジットカード】の2種類の決済に対応しています。

クレジットカードであれば手数料は必要となりますが、分割払いにも対応しているので申し込みされる方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

口コミに見る在宅翻訳アカデミーの評判

口コミに見る在宅翻訳アカデミーの評判

在宅翻訳アカデミーにはたくさんの口コミも寄せられているようなので、その口コミからも在宅翻訳アカデミーの評判を確認していきたいと思います。

こうした意見を参考にして頂き、在宅翻訳アカデミーの真相に迫ってみてはいかがでしょうか。

詐欺で失敗した経験を活かして

以前、オンラインでの英語教育を受けた事がありました。

しかし、そのオンラインレッスンはいわゆる詐欺のようなもので、まず申し込みに数十万の料金、その後テキストが必要になるからとまたさらに数十万円分のテキストを強制的に購入させられました。

しかし、英語の仕事をしたかった私はどうにかお金を工面して受講をする事にしていたのですが、実際にオンラインで受けられるレッスン内容は本当にひどいものでした。

そのレベルでこの金額?というようなレッスン内容の為、泣く泣く退会しましたが、本当に悲しい経験となりました。

しかし夢をあきらめきれずにいた所、テレビで浅野先生を拝見し、テレビにも出ているような人なら信頼出来るはず。と思い在宅翻訳アカデミーの受講を始めました。

おかげで利用から3か月でプロの翻訳家として月収50万円を実現する事が出来るようになりました。

詐欺会社に騙された過去は消えませんが、今はこうして夢を叶える事が出来たので、高い授業料になったけれども、後悔はしていません!

在宅翻訳アカデミーなら夢を叶える事が出来ます!

≪山梨県甲府市/西岡香澄さん≫

悪評やデメリットが見つからなかったのですが…

以前雑誌で見て在宅翻訳アカデミーが気になっており、翻訳者デビューもありかも!と思ったのですが、その際に在宅翻訳アカデミーの悪評やデメリットに関しての情報を必死に検索していました。

しかし、同調べてみても、なかなかそういった意見を見つけることが出来なくて、どこに書かれているのも良い事ばかりでした。

なんだかそれが逆に怪しく感じてしまいなかなか手を出せないまま約半年くらい過ごしてしまったのですが、どうしても在宅翻訳アカデミーが気になってしまい、ついには受講する事に決めました。

それでわかった事なのですが、悪評やデメリットを書くのは難しいという事がわかりました。

時間にも融通をきかせる事ができますし、受講内容に関しても、回りくどい事は一切なく、実際にプロの翻訳家として活動していく為に必要な事を効率的に学ばせてもらう事が出来ます。

まだ始めてから1カ月ちょっとの僕でも既にプロとして翻訳家の仕事をする事が出来るようになりました。

まだ、月収としては10万円にも満たないくらいですが、これから積極的にセミナーやイベントに参加してどんどん仕事を増やしていきたいと思っています!

こうして翻訳者や実績のある受講生との交流をもつ場を持てるというのは非常に助かります。

年収1000万円目指して頑張ります!

≪東京都江東区/佐々木竜馬さん≫

翻訳家という仕事を誤解してました

もともと英語の成績は悪くなかったのですが、それを仕事にするほどの学力はないと思っていました。

しかし、電車の中づり広告で浅野先生の在宅翻訳アカデミーの広告を見た時に、「翻訳家は高い英語力を必要としない?!」と衝撃を受けてしまいました。

ちょうど仕事を探していた時期だったので、思い切って翻訳家を目指してみる事にしました。

受講中は時間も結構あったので勉強もそれなりに頑張って、セミナーやイベントにも積極的に参加するようにしました。

そのおかげか、今は月収で70万円にも届きそうです。

翻訳家なんて英語力がものをいうものだと思っていたけど、実際は英語力じゃなくてどういうツールをどう使っていくか、どうやって仕事をもらうようにするか、っていう事も大事です。

そのノウハウを学ぶ事が出来るのはこの在宅翻訳アカデミーだけなんじゃないでしょうか。

≪兵庫県神戸市/高松健一さん≫

在宅翻訳アカデミーの真実

在宅翻訳アカデミーの真実

ここまで見て頂ければお分かり頂けるように、浅野正憲という方の在宅翻訳アカデミーは、翻訳家として年収1000万円稼ぐ事が出来るようになるものであるという事に間違いは無いという事がわかっていただけたんじゃないでしょうか?

実際に私もこの在宅翻訳アカデミーで培ったノウハウを元に、非常に多くの仕事の依頼を頂く事が出来るようになり、週5日、4~5時間程翻訳家として仕事をして、年収800万円近い収入を得る事が出来るようになりました!

多くの方の口コミにしても、そのカリキュラムの内容にしても、どれをとってもこの在宅翻訳アカデミーは“本物”と言わざるを得ないものであると思います!

この記事が誰かの参考になり、翻訳家デビューへの後押しが出来るようになれば幸いです。